top コラム考へるピント5 1983のモザイク①

考へるピント

5 1983のモザイク①

2022/04/18
上野修

1983年という年が気になるようになったのは、いつの頃からだろう。
 

「『1983』のための覚え書き」という原稿を2013年に書いたことがあるのだが、それからもう10年近く経ってしまった。今回は、その続きを書いてみようと思う。
 

1982年11月30日、マイケル・ジャクソンのアルバム『Thriller(スリラー)』が発売され、ビルボード誌の週間総合アルバムチャートで通算37週の1位を獲得した。アメリカの音楽専門チャンネルMTVが1981年に開局し、1983年、「Billie Jean(ビリー・ジーン)」のMV(ミュージックビデオ)が大ブレイクしたのはよく知られている。アメリカではケーブルテレビが普及していたが、日本の若者たちは、どこでそれを見たのだろう。
 

テレビ朝日系の洋楽番組『ベストヒットUSA』の放映開始も1981年、しかし時間は深夜帯。テレビ神奈川(TVK)でもMVが流れる番組があったが、こちらは視聴エリアが限られている。それでも、マイケル・ジャクソンが1983年のモータウン25周年記念で披露したムーンウォーク、そして「Thriller(スリラー)」のMV(1983年)のゾンビ・ダンスは、日本でも流行りに流行った、ような記憶がある。もしからしたら、それらの映像は見たことがなくても、物真似を見て知っている、というような広がり方だったのかもしれない。
 

ソニーのビデオデッキ、ベータマックスの廉価機SL-J1が発売されたのは、1980年。廉価といっても、定価198,000円。1983年のSL-F3が、定価145,000円。手軽に買えるものではなかったが、じわじわ普及していったビデオで見た人もいたのだろう。
 

『音楽が未来を連れてくる』で榎本幹朗は、アメリカにおける1983年の光景を、次のように描いている。

 

 そして1983年が終わった。米レコード産業の売上は久々のプラス。前年比5%増だ。ビルボードのTOP100のうち59曲がミュージックビデオがらみだった。わずか2年前には、アメリカの音楽会社はミュージックビデオを創っていなかったのに、だ。もはや疑いようがなかった。映像の力で、音楽メディアに歴史的イノヴェーションを起こしたMTVは、第2次音楽不況を終わらせ、レコード産業を救った。
 この後、日本の家電勢もMTVブームを後押ししていく。テレビを録画するビデオデッキの普及、そしてリーズナブルなカラーテレビだ。メイド・イン・ジャパンのテレビが席巻し、テレビが「家庭に一台」から「ひとり一台」へ向かったことで、ティーンズは気兼ねなくじぶんの部屋でMTVを視ることができるようになった。日本のテレビは、ティーンズの「I Want My MTV」を実現してくれたのである。

 

アメリカでは、テレビとビデオの浸透が早かったのかもしれない。日本においては、いつ頃、テレビが「ひとり一台」のものになったのだろうか。1980年代後半から1990年代にかけて、14インチや20インチ前後のカラーテレビが低価格化した時期かもしれない。テレビデオと呼ばれる、ビデオを内蔵したテレビなども普及していった。この時期は、バブル経済に重なっているので、若者の暮らしも一気に変わっていったのだろう。
 

「ウォークマン。MTV。そしてCD。3つのイノベーションは、停滞した音楽産業に再び高度成長をもたらした」と、榎本は同書で指摘している。
 

CD(コンパクトディスク)が登場したのは、1982年10月1日。世界初のCDは、品番35DP-1のビリー・ジョエル『52nd Street(ニューヨーク52番街)』、日本初のCDは、品番35DH-1の大瀧詠一『A LONG VACATION』だといわれている。
 

もっとも発売当初は、CDプレーヤーの価格も10万円台後半で、CDの方がLPレコードより価格も高かったので、なかなか普及しなかった記憶がある。じっさいには、1986年にはCDがLPレコードの生産枚数を逆転しているので、意外と早かったのかもしれない。私自身の経験としては、LPレコードとCDの移行期に、あまり音楽を聴かなくなってしまった。買ったCDラジカセやCDプレーヤーが故障することが多く、CDとはなんとも相性が悪かった。かといって、LPレコードを大切に聴き続けたわけでもなかったのである。
 

そんな例は少ないかもしれないが、テレビ、ビデオ、ウォークマン(と呼ばれるポータブル音楽プレーヤー)、CDを、どのように経験するか、かなり個人差があったのもこの時代の特徴かもしれない。ベータマックス対VHSのビデオ戦争も、1980年頃にはかなりベータが強かった気がしていたが、それは自分がベータ派だっただけで、そうでもなかったようだ。ともあれ、CDラジカセやCDコンポなどの小型化と廉価化によって、音楽が身近になったことは間違いないだろう。
 

CDの影響なのか、1982年には、ディスクカメラという、新規格のフィルムを使うカメラも登場している。ディスクといっても、無理やりディスク状にしたフィルムだ。15枚撮りで枚数も少なく、サイズも小さいので画質も悪く、ほとんど普及しなかったように思う。メリットは、薄いカメラが作れたというくらいでないだろうか。とはいえアメリカで、「このカメラ、かっこいいだろう!」という感じで使っている人を見たことがあるので、ちょっとした未来感はあったのかもしれない。
 

ところで、「Billie Jean」のMVには、カメラが並ぶショーウィンドウのなかのPolaroid Autofocus 660から写真が出てくるシーンや、パパラッチがフラッシュ付きのカメラを窓から構えるシーンがある。
 

これにつなげて、もう少し写真の話をするなら、パパラッチ的な取材による写真週刊誌のさきがけ『フォーカス』の創刊は1981年、『フライデー』の創刊が1984年であった。

 

関連記事

PCT Members

PCT Membersは、Photo & Culture, Tokyoのウェブ会員制度です。
ご登録いただくと、最新の記事更新情報・ニュースをメールマガジンでお届け、また会員限定の読者プレゼントなども実施します。
今後はさらにサービスの拡充をはかり、より魅力的でお得な内容をご提供していく予定です。

特典1「Photo & Culture, Tokyo」最新の更新情報や、ニュースなどをお届けメールマガジンのお届け
特典2書籍、写真グッズなど会員限定の読者プレゼントを実施会員限定プレゼント
今後もさらに充実したサービスを拡充予定! PCT Membersに登録する