Yang Yuwen:Photo & Culture, Tokyo

Exhibition Report

Yang Yuwen

2021/12/03
John Sypal

©︎Yang Yuwen

 

Yang Yuwen, a young photographer from Hunan, China, moved to Tokyo in 2016. At this time she had no real interest in photography. But, as is common for foreigners after moving to Japan, she began taking smartphone pictures to record and explore her life in Tokyo. These she shared with her friends at the Japanese language school she was enrolled in. She told me it was the positive responses from friends that sparked an interest in learning more about photography.

 

So, with only a basic understanding and growing interest in the medium, Yuwen enrolled in Visual Arts Tokyo. There she studied under photographer Shinya Arimoto, becoming proficient with both her camera and the darkroom. Graduating two years later, she joined Totem Pole Photo Gallery.  

 

Now, maybe some disclosure is needed. Totem Pole was founded by Arimoto and I have been a member for over 10 years. Yuwen is a friend of mine. Remember, I’m not a journalist, or academic-- objectivity is fine and all but I am using this weekly column to celebrate Tokyo’s photo community and culture, so, from time to time I’ll be focusing on people whom I know. (Suggestions for future profiles are welcome!)

 

Like her teacher, Arimoto-sensei, the tools she uses are simple: a Rolleiflex 3.5 and Kodak Tmax 400 film.  She develops all her own film and prints everything in the darkroom. She’s had two shows at Totem Pole so far and in both her photographs are straightforward yet mysterious. She photographs the real world, but there as a print they become a world all of her own.

 

Her first exhibition, February Snow, collected images taken in her hometown in China. There’s a sense of decay and death- but an asture, quiet beauty in them as well.

 

Her second show at Totem Pole, Moonlight Swamp, incorporated friends as subjects- figures within the frames are not distinct personalities but rather apparitions appearing in the woods or water. She is drawn to such places- and there finds beauty in how light mixes with grime on water. 

 

For someone who has been seriously photographing for less than three years, Yuwen is a photographer of great talent and potential. We should all be excited to see what she shows us in the years to come. 

 

 

中国・湖南省出身の若手写真家、楊 喩雯 (Yang Yuwen)は、2016年に東京に移り住みました。その時、彼女は写真には興味がありませんでした。しかし、彼女は東京での生活を記録し、探求するためにスマートフォンで写真を撮り始めました。それを、日本語学校の友人たちと共有していました。彼女は、友人からの好意的な反応をきっかけに、写真を学ぶことに興味を持ったそうです。

 

そして、楊さんはVisual Arts Tokyoに入学後、写真家の有元伸也氏に師事し、カメラと暗室の両方を使いこなせるようになりました。卒業した後は、TOTEM POLE PHOTO GALLERYのメンバーになりました(TOTEM POLE PHOTO GALLERYは有元氏が設立したギャラリーで、私も10年以上前からメンバーとして活動しています)。

 

彼女が使う道具はシンプルなもので、カメラはローライフレックス3.5F、フィルムはいつもコダック T-MAX400です。 フィルムはすべて自分で現像し、プリントも暗室で行うといいます。TOTEM POLE PHOTO GALLERYではこれまでに2回の展示を行っていますが、どちらも彼女の写真はストレートでありながらミステリアスです。 

最初の展覧会「2月の雪」では、楊さんの故郷である中国で撮影した写真を集めました。

朽ち果てた感じとともに、静かな美しさもある。

 

トーテムポールギャラリーでの2回目の展示「月光の沼」では、自然の風景と楊さんの友人を被写体にしています。フレームの中の人物は、はっきりとしたものではなく、森や水の中に現れる幻影のようなものです。彼女はそのような場所に惹かれ、水の汚れと光が混ざり合う様子に美しさを感じます。

 

写真を撮り始めてまだ3年にも満たないのですが、楊さんは大きな才能と可能性を秘めた写真家です。彼女がこれからどんな作品を見せてくれるのか、楽しみにしています。

 

©︎Yang Yuwen

©︎Yang Yuwen

©︎Yang Yuwen

©︎Yang Yuwen

©︎Yang Yuwen

楊 喩雯「月光の沼」(2021.9/21〜 10/3)会場風景

TOTEM POLE PHOTO GALLERY 

 

楊 喻雯 / Yang Yuwen

1992年 中国湖南省衡陽市出身

2013年 南昌工程学院(Nanchang Institute Of Technology)卒業

2020年 東京ビジュアルアーツ写真学科作家コース卒業

 

Yang Yuwen http://yangyuwen.pupu.jp/

Instagram https://www.instagram.com/yangyvis/

関連記事

PCT Members

PCT Membersは、Photo & Culture, Tokyoのウェブ会員制度です。
ご登録いただくと、最新の記事更新情報・ニュースをメールマガジンでお届け、また会員限定の読者プレゼントなども実施します。
今後はさらにサービスの拡充をはかり、より魅力的でお得な内容をご提供していく予定です。

特典1「Photo & Culture, Tokyo」最新の更新情報や、ニュースなどをお届けメールマガジンのお届け
特典2書籍、写真グッズなど会員限定の読者プレゼントを実施会員限定プレゼント
今後もさらに充実したサービスを拡充予定! PCT Membersに登録する